リフォームで実現する快適な暮らし|有言実行の業者

住宅のイラスト

不動産の売却

家

不動産投資としての役割が終了した不動産は、不動産会社に依頼をして任意売却の仲介契約を結ぶと良いでしょう。東京には複数の不動産会社がありますので、あなたとの相性の良い不動産会社を選ぶようにしてください。

もっと読む

住宅の耐用年数の延長

インテリア

中古市場の形成が必要

日本では住宅が古くなると建て替えをすることが一般的で、欧米のようにリフォームして継続して使用することは稀なこととなっていました。したがって中古市場の形成も現在のところ進んではおりません。しかしながら日本で最も多い木造も耐用年数が長期化しており、環境面でもスクラップアンドビルドよりもリフォームで維持管理することが重要になっています。横浜でも少子高齢化にも拘わらず、人口の増加が顕著になっており、住宅の不足が顕在化しています。横浜は交通アクセスが良いので東京のベッドタウンとして見直されており、今後もしばらくは人口の流入が見込まれています。横浜地区では高度成長期に比較的広い住宅が建設されましたので、建て直しに際して土地を小さく切るよりリフォームで対応する方が街並みの維持としても重要です。また、リフォームした物件が流通市場で取引されることが必要です。

建築技術の向上が顕著

日本の木造建築の技術は古くから引き継がれてきていますが、最近はリフォームの技術の向上が顕著となっています。リフォームによって新築と同様の住宅が建築できるようになっています。横浜でも首都直下型や東海、東南海の大きな地震が予測されているので、地震に対する対応が重要です。新耐震の採用される以前の住宅については、耐震補強工事を行う必要がありますので、必ずしもリフォームが最適な選択とはならないケースもありますので、計画時には特にコスト面での検証が重要です。しかしながら、新耐震を採用した住宅であれば、リフォームの際に構造的な問題を確認のうえリフォームの計画を立てれば、新築同様の最新の機能を持った住宅に生まれ替えることが可能になっています。

値段と時期

マンション

マンション売却をする時に気をつけておきたいのは、適正価格にできるかどうかなので、不動産会社に査定をしてもらいましょう。それからタイミングも大切ですら、一月から三月にマンション売却をするか、迷うなら不動産会社に相談しておくと良いです。

もっと読む

独自の家づくりを展開

図面と模型

三栄建築設計は同じデザインの住まいを建設しないというコンセプトをもっているところです。そのため、他の人と同じデザインの物件に住みたくないと考えている人の願いを叶えてくれるところと言えます。

もっと読む